鹿児島県 大崎町

概要

大崎町は、「陸上競技の聖地化」を目指したまちづくりを展開しています。本町で唯一の高校は、少子高齢化に伴い2015年3月に閉校しましたが、その場所は、日本初の陸上競技に特化したトレーニング施設「ジャパンアスリートトレーニングセンター大隅(JATCO)」として2019年4月1日に生まれ変わり、その対応競技の幅やトレーニング環境は国内トップクラスと言われ、利用する日本陸上界トップアスリートの方々からも好評をいただいています。
また大崎町は2020東京オリンピック・パラリンピックのホストタウンでもあり、台湾や、世界リレーで金メダルを獲得したトリニダード・トバゴ共和国のナショナルチームの合宿時には、地域住民との交流も生まれています。


大崎町のプロジェクト

鹿児島県 大崎町

「2021 Japan Athlete Games in Osaki」出場選手に応援を届けよう!#シェアさと納税で応援!

期限あり 開催日: 2021年02月28日(日)
プロジェクト概要

大崎町のふるさと納税の返礼品を出場選手に差し入れして応援する気持ちを届けよう!届けた差し入れと同じものがあなたにも届きます!
また、記入いただいた応援メッセージは、選手に見える場所に掲載します。

プロジェクト詳細

お礼の品からスポーツのまちづくりを応援!

鹿児島県大崎町 応援レター(お気持ちコース)
5,000