栃木県

栃木県 那須町

概要
那須町では、那須高原ロングライドなどイベントをきっかけに、走りやすい道路や高原の美しい景色、チャレンジングな山岳ルートと趣ある里山の対比、豊富な立ち寄りスポットなどが人気を博し、多くのサイクリストが訪れて自転車を楽しむようになりました。 サイクルピットの設置やレンタサイクル事業などサイクリストが安心して楽しんでもらえるまちを目指しています。 2022年には、栃木県にて開催予定の「一期一会とちぎ国体」(第77回国民体育大会)において、那須町はロードレースの会場となっています。

栃木県 矢板市

概要
栃木県矢板市では、やいた八方ヶ原ヒルクライムレースやトレイルラン大会のTakahara Adventures Festival、アウトドアパークなど自然を活用したスポーツを楽しめる環境がたくさんあります。そして、高校サッカーで全国大会ベスト4の経験もある矢板中央高校サッカー部や、とちぎフットボールセンターなどを通じてスポーツを楽しむことができるまちづくりを進めています。

群馬県

群馬県 前橋市

概要
前橋市には、本市をホームタウンとする5つのプロスポーツチームがあります。地元スポーツクラブの活躍は、スポーツ振興・地域の活性化に繋がるほか、ファンや子どもたちに夢と感動を与えてくれます。本市は「プロスポーツを応援できる幸せ」があることを地域資源と位置付け、プロスポーツを楽しむ合言葉「MAEBASHI PRIDE(マエバシプライド)」を用いたシティプロモーション活動を推進しています。 また、ホストタウンとして南スーダンの選手を受け入れるなど、スポーツを通して様々な発信を続けています。

新潟県

新潟県 長岡市

概要
「バスケットボールを核としたスポーツによる市民協働のまちづくり」を目指し、長岡市は「バスケのまち ながおか」をPRするとともに、ガイドブックの作成や3×3コートの設置などでバスケの魅力を発信しています。 新潟アルビレックスBB×市民×企業×行政が一体となった「オール長岡」体制で、「バスケによるまちづくり」を推進し、市域全体の活性化やプロモーション、そしてこどもたちの夢を応援しています。

長野県

長野県 東御市

概要
長野県東御市は国内屈指の高地トレーニングの拠点を整備して、アスリートの練習環境向上および地域住民のスポーツと健康づくりを目指しています。 標高1,730mの湯の丸高原に陸上トレーニング用の施設を整備し、2019年10月には日本唯一のトレーニングプール施設が整備されました。 湯の丸から「センターポールに日の丸を!」を合言葉に、水泳選手・陸上選手をはじめとしたアスリートを応援します!

鹿児島県

鹿児島県 大崎町

概要
大崎町は、「陸上競技の聖地化」を目指したまちづくりを展開しています。本町で唯一の高校は、少子高齢化に伴い2015年3月に閉校しましたが、その場所は、日本初の陸上競技に特化したトレーニング施設「ジャパンアスリートトレーニングセンター大隅(JATCO)」として2019年4月1日に生まれ変わり、その対応競技の幅やトレーニング環境は国内トップクラスと言われ、利用する日本陸上界トップアスリートの方々からも好評をいただいています。 また大崎町は2020東京オリンピック・パラリンピックのホストタウンでもあり、台湾や、世界リレーで金メダルを獲得したトリニダード・トバゴ共和国のナショナルチームの合宿時には、地域住民との交流も生まれています。