2021年07月14日(水) コラム

ザスパサポーターが行く【初めてのサンガスタジアム】


ザスパサポーターが行く【初めてのサンガスタジアム】

こちらは、6月13日に行われたJ2リーグ第18節京都サンガF.C. vs ザスパクサツ群馬の試合を観戦するために、初めてサンガスタジアム by KYOCERAにお邪魔した際の観戦記です。

こんにちは。
ふるスポの平井です。

前回の【初めての正スタ】に続き、今回も観戦記を書かせていただきます。

(ザスパサポの方はぜひこちらもご一読ください…)

今回は、試合の1週間ほど前のミーティング中に「ザスパ観にサンガスタジアム行ってきたら?」と言われ、急遽観戦に向かうことになりました。

その理由は、私が関西に住んでいるからです。
京都寄りの大阪に住んでいる私は、サンガスタジアムまで1時間もかかりません。
というわけで、せっかくザスパ様が遥々群馬からお越しになるのであれば応援に行こうと亀岡に向かいました。

京都駅から、いざ亀岡へ

まず、サンガスタジアムどころか、京都は京都市しか知らない私にとって亀岡までどの電車で行けばいいのかも分かっていませんでした。

しかし、意外にも京都駅から一本乗り換えるだけで着いちゃうのです。JRだけで。

京都駅では、改札口がある階(2F)を北に進むと「嵯峨嵐山・園部・福知山方面」に向かう紫色の路線にたどり着けます。

嵯峨野(山陰)線というみたいです。

少し他の路線とは離れており、隠れたような場所に位置していますが、サンガカラーを目印にして向かっていけば見つかります。

のどかな街に到着

そして、京都駅を離れて20分

着きました。亀岡です。

亀岡に着くまでは、ずっと電車が自然の中を彷徨っていました。
途中にあった保津峡はものすごく魅力的な場所で、モンハンでしか見たことないような谷が見え、すぐにGoogle Mapsで行きたい場所フラグを立てました。

そして、亀岡駅の中。

こちらはサンガ一色。
驚いたのは駅員さんもサンガのユニフォームを着ていたことです。
当たり前ですが、そっち側の人間か…と対抗心を燃やしながら改札を抜けました。

駅に到着したのは、試合開始1時間半前ぐらいだったので、周りも紫色に染まった方ばかり。
私もサンガサポーターのフリをしながらスタジアムまで着いて行くことにしました。

こちらが駅から出てすぐの視界です。もう目の前。

サンガスタジアムは駅から徒歩5分もかからずに到着してしまうスタジアムなのです。

駅からスタジアムまでは一瞬ですが、その途中には子供たちが走り回れるような広場もありました。

試合終わりにはここで、ボールを蹴っている親子が何人もいたので、素敵だな〜と思って見ていました。

※ここは時系列がおかしくなるので、ブログ内で試合が終了してから思い出してください

そして、案の定発見。お馴染みの綺麗なスタバです。
ほんとにスタバさんはスタジアム近くが好きですね〜と思ったら、オープンは6月16日。この日の3日後にオープンだったようで、まだ研修をされていました。この周りはまだ空き地が多かったので、今後は益々発展していきそうですね。
めちゃくちゃ個人的な希望ですが、バーガーキングが食べたい

サンガスタジアム by KYOCERA

そして、すぐに到着。

2020年に開場されたばかりの新しいスタジアムはどこを見ても綺麗でした。収容人数は21,600人とコンパクトなスタジアムですが、モダンでシンプルながら迫力のある外観です。

やはり初めてのスタジアムに足を踏み入れるのはワクワクしますね。

こちらはグッズ売り場ですが、今回は目も暮れずに前に進みます!(写真は撮ってるけど)

そして、こちらは食堂のようです。
スタジアムの外に屋台などはありませんでしたが、中に併設される形で食堂が営業されていました。
いつものサッカースタジアム感がないかなとも思ったのですが、これはこれで落ち着いて食べられそうなので、家族連れのサポーターさんとかにはいいですね!
試合開催に関わらず、平日でも営業されているようです。
試合がなくてもスタジアムにご飯を食べに来る日常は素敵ですね。

いざスタジアムの中へ

遂に入場しました。この瞬間が1番ワクワクします。

目の前に広がる紫一色のシートと天然芝。
アウェー感を感じながら、まずはスタジアムを一周して様々な角度からピッチを見てみることにしました。

コンコースを徘徊

ゴール裏(ホーム)
バルコニー
バックスタンド
バルコニー
ゴール裏(アウェー)

この試合は緊急事態宣言下だったため、アウェー席は開放されていませんでした。

バルコニー
ホームスタンド

いかがでしたか。

私は、どの位置からでもピッチがものすごく見やすいスタジアムだなと感じました。そして、何よりほんとに綺麗です。コンコースもトイレも全て。


私はバックスタンド信者なので、今回は3階バックスタンド前方を選んだのですが、次回はホームスタンドの最前列やバルコニーにも行ってみたいです。ザスパのベンチ上とかが良かったなと。

そして、こちらはスタジアムの外通路から駅を見たもの。
めちゃくちゃ近いですよね。

外の景色。田舎の田園風景が広がっています。

こちらはスポンサー企業の社名がズラーッと並んだボードです。スタジアムの3階席前の壁もそうですが、まだまだ余白があります。

京都サンガにご興味のある方。素敵なスタジアムです。ぜひ。

栄養補給

スタジアム内を練り歩くという有酸素運動をしたので、そろそろ栄養補給をしなければなりません。

サンガスタジアムには、場外から入ることができる食堂以外に、場内にもスタグルのお店が複数あります。

その中で、まず目をつけて購入したのがこちら。

サンガオリジナルのかわいらしい箱から

はい、こんにちは。ハラミ丼です。

これはタレもお肉も最高に美味しかったです。漬けハラミ丼だったかな。とりあえず、これでタンパク質が補給できました。

でも…

足りない…

食べ盛りの21歳・男性は、追加でこちら。

ステーキ丼。また肉。

こちらを美味しくいただいてるうちに選手がアップを終えて、グラウンドが水遊びを始めました。

と、同時に雨もパラパラしていましたが、ここは屋根が全周を囲っているサンガスタジアム。雨が降っても安心です。

ということで、遂に試合が始まります。

キックオフ!!!

まずは、先日の試合で活躍したらしい李忠成選手への表彰が行われ、すぐに試合が始まりました。

前半から京都に攻め込まれる展開。
なんとか最終ラインの対応と中盤の運動量で防ぎますが、なんとも苦しい試合になりそうだなと思っていた矢先…

前半12分にバイス選手のロングボールに抜け出した武田選手が頭で落とし、ピーター・ウタカ選手のゴールで失点

私は全方位サンガサポーターに囲まれていたので、スパイであることがバレないように申し訳程度に拍手を送りました。確かにとても綺麗に崩されましたし。

これで開始早々ビハインドになって試合が進むことに…

それでも、その後は落ち着いた守備の対応が続き、攻撃のチャンスもいくつかでき始め、攻めの展開に持っていきます。

そして、前半終了間際の48分。
相手選手のミスから生まれたチャンスで北川選手が倒されてPKを獲得します。

この PKを大前選手がパネンカでしっかりとゴールに沈めて同点。

J2で首位争いをする京都サンガに追いついて前半を終えます。

ちなみに、こちらは先日聖火リレーの一件で話題となっていたサンガスタジアムの芝です。確かによくみると跡が残っており、前半終了時点では、特にその部分の芝は損傷が激しく、ボールが跳ねてしまったり、選手が足を取られてしまったりと、プレーにも影響が出ていました。

グラウンドキーパーさんも大変ですね。

後半は勝利も見えた

後半も京都が攻める展開が続きますが、なんとか必死に喰らい付くザスパ。

しかし、後半19分。
自陣ペナルティエリア内で少しもたついた隙を突かれ、またもやウタカ選手にゴールを奪われます。

その後は、ザスパも懸命に同点のゴールを狙いにいくものの、大前選手のシュートがバーを叩くなど、惜しいシーンが続きました。

そして、後半32分に待望の瞬間が訪れます。

大前選手のCKに頭で合わせた渡辺選手!!!!

同点ゴール!!!!!!!!!!

2度もビハインドになりながらも、なんとか追いついたザスパ。

その後も、いくつかチャンスを作り、勝ち越しゴールの希望も見えましたが、ネットを揺らすことはできず…

ピッ!ピッ!ピーーーッ!

2-2で試合が終了しました。

最後にチャンスがあっただけに悔しい気持ちもありましたが、J2首位(試合終了後)の京都サンガ相手に勝ち点1をもぎとれたことは喜ぶべき結果でしょう!

こちらがその試合のハイライトです↓

両チームとも素晴らしい試合をありがとうございました!

試合終了後にスタジアムを回ってサポーターに感謝を伝える京都サンガの選手たちには、私も自然と拍手を送っていました。

帰路に着く

どうでもいい情報ですが、ヨーロッパではサポーターが混み合うのを嫌うため、試合終了と同時か、もしくは終了する前に席を立つ方が多いみたいですね。

私は試合が終了して数分は少し余韻に浸り、その後は勝ち点1を握り締めながら駅に向かいました。

うん、やっぱり綺麗なスタジアム。

なんと外には足湯もありました。

このときは利用している人がいなかったのですが、肌寒い季節とかだと最高ですよね。最大利用人数は6名程度のようですが無料なので、足湯好きの方はぜひ。

そして、このスタジアムには「びばっこ保育園」という保育園も併設されているようです!
子供の遊び場として、スタジアムを使用できるの素晴らしすぎませんか!!!
これから様々なスタジアムでもこういった取り組みができて、社会問題に貢献できるスポーツの在り方を築いていけるといいですね!

サンガスタジアムへの行き方

ざっと、こんな感じです。

ふるスポって何者?

ふるスポは、スポーツに特化したふるさと納税ポータルサイトを運営しております。
現在は、群馬県前橋市と連携してザスパクサツ群馬などのプロスポーツチームを応援する取り組みや、長野県東御市の高地トレーニング施設の整備、新潟県長岡市アルビレックスBB(B1リーグ所属)を応援する取り組みなどを行なっております。

どうせ税金を払うなら好きなスポーツを応援することに使いたい」とお考えの方は、ぜひこちらからプロジェクトや返礼品をチェックしてみてください!

ザスパクサツ群馬サポーターの皆様へ

ふるスポでは選手と分け合うふるさと納税「#シェアさと納税」を行なっております。

#シェアさと納税 とは、応援メッセージを送りながら、ふるさと納税の返礼品を応援するチームとシェアする取り組みです。

画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: %E3%82%B7%E3%82%A7%E3%82%A2%E3%81%95%E3%81%A8%E3%81%A8%E3%81%AF-1024x576.jpeg

ふるさと納税の控除で、実質2,000円で寄附者が返礼品を受け取りながら、同じ商品を応援するチームへ送ることができます。

選手と返礼品をシェアできます!

#シェアさと納税を通して集まった寄附金は、前橋市からザスパクサツ群馬の支援として活用されます。

是非みなさんも共にザスパを応援しましょう!

#シェアさと納税 はこちらから ▷ ▷ ▷


その他の記事